販促などで広く活用

印刷機

マグネットシート、ポスティングや宣伝活動、ノベルティなどで必要とされています。またマグネットシートは、曲げ耐性や耐水加工などが可能で、印刷所に頼めば好きなデザインで短期間の大量製作も可能となっています。

詳細を確認する...

高い販促効果を得るには

印刷

販促などで活用されるチラシ印刷を発注する上では、注意点があります。価格以外にも仕上がり予定や納期などに注意をするように促しています。また、チラシ印刷の特徴として、顧客の希望に沿ったチラシが実現可能な点などがあります。

詳細を確認する...

紙とインク

印刷機

ストーンペーパーは耐久性の高い紙として知られています。特に印刷をする時などであっても利用することができるということから、ストーンペーパーは様々な場面において利用されている紙の一種として知られています。

詳細を確認する...

オンライン印刷について

フライヤーを手軽に製作

カラー

フライヤーとは主に、各種イベント告知用のチラシの事を指す。ショップの店頭などに置いてあり、フリー配布されているため、興味のあるイベントのフライヤーを自由に取っていく形式だ。サイズとしてはA4以下の小さな物が主流で、紙の種類は光沢紙、半光沢紙、上質紙、クラフト紙、などイベントの種類やテイストによって様々である。また、ある程度の厚みがあり、色合いやデザインもスタイリッシュであるため思わず手に取りたくなる物が多い。フライヤー印刷は近隣の印刷会社に発注する方法があるが、最近ではオンライン印刷サービスの会社に発注する方法が非常に安く手軽ではないだろうか。インターネットで「フライヤー印刷」と検索すれば、多数の印刷会社がネットショップ展開し、フライヤー印刷を行っていることがわかる。そこで紙の種類や厚み、印刷の品質、納期、コスト等、条件に見合った会社を選び、フライヤー印刷をインターネット経由で発注するのである。

実際に発注した感想

以前数十もの出店者が週末に広場で出店するイベントのフライヤー印刷を、オンライン印刷サービスの会社へ発注したことがある。A4サイズの半光沢紙に両面印刷し、折りたたんで小さなサイズにし店頭に置いてもらうことにした。そこでフライヤー印刷をしている会社をネット上から探し、数社から印刷物のサンプルを取り寄せた。そういった場合には、サンプルの品質は良くても入稿データの形式やその他オプション、料金、支払い方法も会社によって違うため注意が必要だ。各社ともに発注〜入稿〜納品までの手順はわかりやすくサイト内に説明書きがあり、すんなり入稿までを終えることが出来た。進捗状況もパソコン上から確認することができ、何かあればメールや電話で連絡が来るため安心感があった。ただし発注および入稿が済んでからもデータに不備があれば修正して再入稿をする場合があり、そのぶん納期が後ろにずれてしまうため、納品まで時間のゆとりがない場合はとにかく入稿前の自己データチェックが不可欠である。さらに配送時、悪天候による交通のまひで納期のずれが皆無とは言えない。幸いなことに、フライヤー印刷は滞りなく完了し、無事手元に届いた。思った以上に品質が良く、その後何度も利用している。